安心・安全への取り組み

  • HOME
  • 安心・安全への取り組み

トレーサビリティの徹底に加え、
南濃工場ではHACCP(ハサップ)※による衛生管理を導入

契約農家・直営農場の養鶏場の場所、鶏の数や選定基準、製造時間や流通経路、さらには生産計画など、食の安全を確保するためのトレーサビリティを徹底しています。これに加えて、南濃工場は「HACCP」導入施設として岐阜県から認定されました。HACCPとは、国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機構(WHO)の合同機関である食品規格(コーデックス)委員会から発表された食品衛生管理の国際基準。食品の製造・加工の工程において起こりうる微生物汚染などのリスクをあらかじめ分析し、その結果に基づいて製造工程の安全策を講じ、監視することにより安全を確保する手法のことです。タッキーフーズでは、より安全で安心な肉を提供するためにこのHACCPでの衛生管理を導入しています。

岐阜県HACCP導入施設認定書
HACCP方式
ぎふ認定HACCP
PAGE TOP